藤崎圭一郎のブログ。「デザインと言葉の関係」を考えます。

by cabanon
 
必要条件って何だっけ?
d0039955_193246.gif数日前学芸大学の古書店で『デザインとはどういうものか』(デーヴィッド・パイ著/中村敏男訳/美術出版社/絶版)を購入して、今読んでます。

そこにこんな文章が──
「いろいろな装置の複雑の原因は究極のところ、そのほとんどが簡便さと経済性の必要条件そのものの中にひそんでいる」

つまり、複雑さの原因は、簡便さや経済性をもたらすってことなのか。簡単に言ってしまえば、複雑さはシンプルさをもたらすってことと解釈していいのか?  それを悩んで、必要条件って何だっけ? 十分条件は? どっちがどっちだっけ?と考えだし、学校で習ったはずだけど、あったま悪りぃと思いつつ、ネットや辞書で調べたりで約1時間格闘しました。

で、必要条件ってつまり……
AはBであるという命題が成り立つと、AはBであるための十分条件、BはAであるための必要条件になります。たとえば、ネコは哺乳類であるという命題が成り立つと、ネコは哺乳類の十分条件。哺乳類はネコの必要条件。「十分から必要に流れる」と考えればいい、と説明していたウェブサイトもありました。

「いろいろな装置の複雑さの原因」が「簡便さと経済性」の必要条件ということは、「簡便さと経済性」は「いろいろな装置の複雑さの原因」である、ってことになります。つまり、シンプルなもの、安価なものを作ろうとすれば、装置は複雑になる。

GUIの設計などはまさにそう。ミースの建築もそう。あんな、単純さの奥底にひそんだ複雑さを予感させる建築はないと思う。ケアホルムの椅子やジャスパー・モリソンや柳宗理の仕事などにも言えそうです。

シンプルなものを作るのに、システムやバックグラウンドまでなにからなにまでシンプルにすることは発想は間違いで、シンプルなものを作るには複雑なシステムを背後に持っていなければならない、ということにもなります。私見を付け加えれば、複雑なシステムだけでなく複雑な思考プロセスだと思います。

ライター仕事でいえば、簡単にわかりやすく書くというのは、ホントその背後の膨大で複雑な事象を調べていないと書けない。複雑さはシンプルさの必要条件というのは経験的にも納得いきます。

まだ50ページしか読んでいないので、この本自体の話はまた後日。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-08 19:40 | Comments(0)
 
近所のベストデザイン
環七の柿の木坂陸橋の照明です。わが家に最も近い所にあるベストデザインだと思ってます。カーブが美しい。どすか?
d0039955_23521764.jpg

text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-05 19:44 | Comments(0)
 
地霊か!?
今日は何もない。ホントに何もない一日でした。ゴハンを一膳納豆で食べただけで食欲がなくジムにも行かず、考え事してBlogをいじってテレビ観てビール飲んで……。
んで、昨日の文京区探索の話の続き。不思議な空間を発見しました。空き地に祠が三つ。小石川の善光寺坂にある慈眼院と善光寺に挟まれた空き地です。ドクダミの中に狛犬2体が埋もれていたり。いや〜身震いしました。なんですか有名なミステリースポットなのでしょうか。曰く付きってやつですか。わが家のある目黒区の都立大学駅近辺ではめったにお目にかかれない、濃いぃ東京の地霊を感じました。
d0039955_20512733.gif
d0039955_20514656.gif
d0039955_20521530.gif

text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-04 20:56 | Comments(0)
 
文字狩り
文京区方面で「文字狩り」をしてきました。「街の文字を収集する」という学校の授業の課題で、学生にサンプルで見せるものです。どこかに面白い文字はないかと探しながら歩くと、意外とたくさん見つかるものです。ただ歩いているだけではなかなか見つからない。カメラをぶら下げてハンティング気分になるのが大切のようです。収穫を4つほど見せちゃいます。それとお寺の水瓶(?)の水面に浮かんでいた桜の花びら。2,3週間前の桜の花びらがなぜか残ってました。きれい。
d0039955_1315969.gif
d0039955_1312434.gif
d0039955_1322687.gif
d0039955_1324649.gif
d0039955_133616.gif


言い忘れましたけど、一番上がモザイクタイル、次が金属、その次が筆書き、おにぎりはプラスチック、それぞれの加工の特長がきちんと文字デザインに反映されています。たとえば「DPE、カメラ」は金属なので直線が基本、それに単純な円弧のカーブが使われている。モザイクも直線的。逆に筆書きの中華料理屋(閉店)は今の人は、こんなふうに「理」や「園」の文字を省略できないというくらい見事な崩し字になっています。(5/20追記)
text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-04 13:07 | Comments(0)
 
真ユニバーサルデザイン
d0039955_22543325.gif
5月1日発売の『AXIS』115号ユニバーサルデザイン特集に寄稿しました。
「生きるのびるためのユニバーサルデザイン─21世紀のデザイン指標が意味するものとは?」(長っ)というタイトルの記事です。

今までとは違う観点からユニバーサルデザインを論じた原稿で、自画自賛ですが、かなり気に入ってます。でも、書きたかったけど、文脈上、触れることのできなかった大事な話があります──。それをちょっと書きます。

ユニバーサルデザインとアニメの関係です。
攻殻機動隊の草薙素子は、究極の身体障害者ということに気づいたのです。というか、攻殻そのものがディスアビリティの物語なのです。素子は幼いころから義体です。全身、人工身体なのです。

かつてヒーローとは、ランボーのような、ブルース・リーのような究極の「健常者」の肉体だったのが、攻殻ではいつの間にか少佐やバトーのディスアビリティの物語にすり替わっています。21世紀では、肉体や知性を外部装置化したディスアビリティのほうが、究極の身体能力、知力を持つことが可能になるのです。「サイボーグ009」などもやはりディスアビリティの物語です。

こうも言えます。現代の人間はますますネットや都市に依存するしか生きのびれない。極論すれば、人間はネットや都市の「パラサイト」としてしかサバイバルできない。こうした人類の未来像は、人間が覚醒して新人類・ニュータイプになるガンダム型の物語と正反対です。

「自律型サバイバル」と「寄生型サバイバル」とまとめることができるでしょう。しかし、ガンダムの場合、自律型サバイバルといっても、コロニーなどの人工環境やモビルスーツなどの戦争機械を通して人類が進化するわけですし、「自律型サバイバル」と「寄生型サバイバル」は同じことの裏表かもしれません。

映画「2001年宇宙の旅」では、自律型と寄生型の対決が主題になっていました。寄生型とはこの映画の場合、人類がHAL9000との共存することです。ボーマンは暴走するHALを倒し、自律型の進化を遂げます。「エヴァンゲリオン」の人類補完計画も自律型進化です。

しかし私たちの暮らす21世紀の世の中では、人類の未来像はますます外部記憶、外部知能、外部認知、外部身体に頼る寄生型サバイバルのほうが現実味を増しています。実際には今どこを見渡しても「ニュータイプ」や「チルドレン」誕生の予兆さえ存在しないのですから。

話を戻すと、ユニバーサルデザインとは、機械、コンピュータ、ネットワーク、都市環境にべったり依存する人間の新しいあり方を探るデザインと言えます。つまり寄生型サバイバルのためのデザインです。決して万人のためのデザインではありません。

ユニバーサルデザインの提唱者、ロナルド・メイスの「すべての人は障害を持っている」という認識は、記憶も知性も感覚も身体活動も外部装置化しつつある21世紀の都市生活者においてこそ、リアリティを持つものだと思います。

この考察を続けると面白い。つづきはまた今度。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-02 19:17 | Comments(0)
 
ブログ立ち上げた
Blogを始めてみました。
デザインの話をあれこれ書くつもりです。
日記あり、評論あり、
さらに僕が学校で受け持つ授業とも連動させるつもりです。
(さあ、それはどうかな。できるかな)
ま、とにかく実験的に使っていこうと思っているので、
まとまりのないものになるはずです。あしからず。
text & photo by Keiichiro Fujisaki

# by cabanon | 2005-05-02 18:24 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Profile
藤崎圭一郎
Keiichiro Fujisaki
デザイン評論家。編集者。1963年生まれ。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務める。1993年より独立。雑誌や新聞にデザイン、建築に関する記事を執筆。東京藝術大学美術学部デザイン科教授。

ライフワークは「デザインを言葉でいかに表現するか」「メディアプロトタイピング」「創造的覚醒」

著書に広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』

Twitterもやってます!

*当ブログの奥座敷
KoKo Annex

ライフログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクして下さい。

本ブログの記事と写真の
無断複写・転載を固く禁じます。




Copyright 2005-2016 Keiichiro Fujisaki All rights reserved
本ブログの記事と写真の無断複写・転載を固く禁じます。